ネズミ撃退超音波の効果について

subpage-img

ネズミ撃退超音波はネズミ駆除の他の作業と並行して行うのが効果的です。一般的にネズミ駆除は侵入経路の封鎖と捕獲、毒エサの設置という順序で行われます。


この一連の過程はプロの駆除業者も個人も同様です。
ネズミ駆除の作業の中では侵入経路の封鎖が最も重要となります。

侵入経路をそのままにしておくといくらネズミを駆除しても再び侵入されてしまします。そのため駆除作業の初期段階で徹底した侵入経路の封鎖が求められます。

同時にネズミ撃退超音波も利用するとさらに効果が期待できます。

ネズミ撃退超音波はネズミが嫌がる超音波を発生させて、屋根裏などの存在する個体を追い出すのに有効です。

また継続的に利用することで一定期間にわたってネズミの侵入を防ぐことができます。

新規にネズミが侵入してくるのを防ぎながら、他の作業を行うことが効率的な駆除作業の鍵です。
古い住宅などでは侵入経路が複数存在する場合もあります。


超音波により追い出しと侵入防止を図りながら、効果的に侵入経路の封鎖作業を行うことができます。



追い出しの作業を行う場合には煙を焚く方法もありますが、超音波は長期的に侵入防止の効果も期待できるので合理的です。


一方ネズミ撃退超音波は一定期間継続して利用し続けるとネズミが慣れて効果が弱くなることがあります。

nanapi情報のご紹介です。

なるべく早いうちに侵入経路の封鎖を行い、捕獲作業に移ることが重要です。


捕獲作業は粘着シートや罠などを使用して行いますが、一定数の個体が残ることがあります。



残った個体には毒エサを設置して対処しますが、完全な駆除には数か月かかるのが通常です。


top