刺青除去の方法について

バナー

刺青除去の方法について

最近では、芸能人や海外の著名人が刺青やタトゥーを入れているVTRがメディアを通じて流され、興味本位で刺青・タトゥーを入れる一般の方が増えています。一般的に知られている刺青・タトゥーのデメリットとして、公衆浴場やプールの入場を断られるといったことが知られています。



しかし、刺青時に使用される針の使い回しによるC型肝炎ウィルスの感染や、生命保険会社に保険の加入を断られるケースがあること、MRI検査を受けることが難しくなる可能性があるといったことはあまり知られていない状況です。

あなたのご要望に応じたFacebookを手軽に利用してみませんか?

様々なデメリットを刺青を入れた後に知り、刺青除去を行いたいと思う方も増加しています。刺青はいったん入れると除去が非常に難しいことが知られていますが、近年では医療技術の進展に伴い、様々な除去方法が医療機関によって提供されています。
刺青除去の方法は大きく分けると、(1)切除による方法、(2)削皮による方法、(3)レーザ治療による方法があります。

切除による方法は、紡錐型切除法と呼ばれる直線的な皮膚の縫合による切除法であり、多くのクリニックで実施されています。
削皮による方法は、刺青のある皮膚の部分を削る方法で、広範囲の刺青に適用されることが多いです。


レーザ治療による方法は、レーザ光の照射により皮膚内の刺青の染料を蒸発・散逸させる方法です。
刺青除去にはお金と時間がそれなりにかかりますので、施術を受けるクリニックを慎重に選ぶことが必要となります。



クリニックによっては、無料カウンセリングを実施しているところもありますので、まずはカウンセリングで自分が納得いく施術方法を選ぶことが重要です。



Copyright (C) 2014 刺青除去の方法について All Rights Reserved.