刺青と刺青除去の方法

バナー

刺青と刺青除去の方法

刺青とは、針や刃物などを使用して皮膚に傷を入れた傷に、墨汁などの色素で着色をして、文字や絵などの模様を描いたもの、またその手法のことをいいます。

入れ墨、彫り物、タトゥーなどと呼ばれたりもしていますし、日本のものを和彫りといい、欧米のものを洋彫りといい区別されることもあります。



刺青の種類(技術)は様々なものがあり、その目的は固体識別から美容やファッションなどまでに渡ります。
また、忠誠や反共の意がそこに込められている場合もあります。

歴史も大変古く、日本では縄文時代から文化として存在していた可能性が高いと考えられています。

Twitterの情報探しをお手伝い致します。

その様な刺青を取り去る治療のことを刺青除去といい、様々な理由から環境や心境が変わり、刺青除去治療を受けることを決断する人が増えています。



その方法を大きく分けると、レーザー、皮膚切除、皮膚剥離、皮膚移植などが主なものとなり、部位や範囲や色などによって異なります。


例えば、広範囲で多色使いの刺青除去をする場合には、皮膚移植による治療となりますし、比較的面積が小さく彫りが浅い場合はレーザー治療が向いている場合が多いです。

通院の回数や料金も、それぞれの方法によって異なります。但し、刺青除去は保険適用外で全額自己負担の扱いとされていることや、治療による傷跡が残ってしまったり、完璧には消すことが出来ないというケースもある様に、刺青を完全に除去することの難しさを十分に理解した上で治療に踏みきることが必要です。



Copyright (C) 2014 刺青と刺青除去の方法 All Rights Reserved.